自分に合ったコスメティックスを選ぶことで、よりキレイな肌を目指しましょう!

肌が赤い人のためのコスメティックス

毎日をきらきら過ごすために、きれいな肌肌のタイプに合わせて、使用するコスメティックスを変えるということは、
肌の欠点をカバーするためにも必要です。
ここでは、赤い肌の人のためのコスメティックスの活用法について説明していきます。

まず、赤い状態を抑えるために、ベースとなる化粧下時やファンデーションを、
緑色のティントが入っているものを選択するようにします。


多くの場合、赤みがかったスキン用と記述されています。
緑の入ったコスメティックスを使うことによって、効果的に赤みをなくし、
全体的に色むらがない状態に整えることができます。

ファンデーションを塗り伸ばしたら、仕上げのパウダーにも、
パールと緑が入ったものを使用するとより色合いが長持ちします。


特に頬が赤く困っているという人は、あまり赤みのあるチークを使用せず、
コーラルピンクのような、オレンジ味のかかった色を使用すると、赤みが目立ちません。

映える

下地で気になる部分を整えていくことがメイクが濃くなりすぎずにカバーするポイントです。
ベースメイクって侮れないんですよ。
お肌をきれいに見せることができれば、ポイントメイクも映えてきます。

コスメティックスは、肌の特徴に合わせて使い分けることができますので、
テスターなどを活用して、自分に合ったものを探しましょう。

また、デパートに化粧品コーナーなどでは、実際にプロのメイクをしてもらえます。
その時に自分の肌質や、綺麗に見える秘訣を聞いてみるのもいいでしょう。
色んなアドバイスを聞くことができますよ。

アドバイス

 

 

美容液    軟水    敏感肌   保湿成分   細胞  肌トラブル    ナチュラル   シンプルケア活性化  こだわり